会員一人ひとりが理想の勉強法を獲得できる未来へ

進化する遺伝子検査

人は一人ひとり、記憶力も、集中力も、用心深さも、ポジティブさも、リスクに対する感じ方も、勘の良さも、映像に対する記憶力も違います。

また、同じ能力であっても、勉強した時間、繰り返した回数、睡眠時間によっても結果は変わってくるでしょう。

そういったありとあらゆるファクターの相関関係を明らかにすることで、成績を上げるのに何が貢献しているのかをデータ分析できれば、これから自分がどういう勉強法をどれくらいの頻度で、どれくらいの時間すると結果が出ると予測できるようになります。

しかし、そのためには、膨大かつ“超“正確な個々のデータが必要になってきます。

一人ひとりがどういう生活習慣、勉強時間、勉強成果をあげていて、かつ、実際に模試を受けたときにどれくらい成績が変わっていったか。

そういったデータを集めることができれば、その中から共通する性質を統計学的な処理で炙り出せるわけです。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

関連記事はありません。